ハローワーク熊谷

ハローワーク熊谷

ハローワーク熊谷は、埼玉労働局に属する就職支援の機関です。埼玉県北部に位置する熊谷市にあり、熊谷市、深谷市、寄居町の2市1町を管轄して、職業相談、職業紹介、求人情報検索、職業訓練、就職セミナー、雇用保険業務、失業給付、助成金の支給などを行っています。
熊谷市は埼玉県北部の拠点となる都市であり、人口も20万人を超えています。百貨店、大型ショッピングモール、家電量販店、ホームセンターなども数多く、熊谷工業団地などの工業団地には多くの工場が進出しています。深谷市の人口も14万人とかなり多く、東芝深谷工場をはじめ、多くの企業の工場があります。また、寄居町に本田技研工業の工場があり、関連会社も含めると、多くの求人案件が寄せられます。この地域には深谷ねぎなどの特産物もあり、畜産もさかんです。農業での求人は少ないながら、流通業などの求人も出ています。

【管轄区域】熊谷市、深谷市、寄居町

【住所】〒360-0014 埼玉県熊谷市箱田5-6-2
電話:048-522-5656(代)/FAX:048-524-5690

【営業時間】 月・水・金 8:30ー17:15
営業時間・開館時間 8:30ー17:15
火・木 8:30ー19:00
営業時間・開館時間 8:30ー19:00
第1・3土曜日 10:00ー17:00
営業時間・開館時間 10:00ー17:00
※第2・4土曜日、日祝、年末年始(12月29日~1月3日)は休み

【アクセス】
●JR「熊谷」駅北口から約1.3km。
●JR「熊谷」駅北口3番のバス停から葛和田行き、またはくまがやドーム行き、または熊谷スポーツ文化公園行きに乗車し、「ハローワーク熊谷前で下車すぐ。

【関連施設・関連窓口】ハローワーク熊谷マザーズコーナー

ハローワークのおもな業務

求人情報の提供 パソコンで求人情報の検索ができます。
職業相談・紹介 応募希望先への連絡、紹介状の発行などを行っています。
職業訓練 公共職業訓練のご相談と受付にあたっています。
雇用保険 失業の認定や雇用保険受給に関するご相談、事業者の雇用保険の加入・廃止、離職票の交付などにあたっています。
助成金の受付 事業者からの各種助成金の申請を受け付けます。
その他のご相談 障害者、高齢者などの就職のご相談など、さまざまな業務を行っています。

スポンサーリンク

ハローワーク熊谷の地図

スポンサーリンク

ハローワークの「なぜ?」に答えます。

埼玉県のハローワーク

明快!ハローワーク TOP

ハローワーク求人情報検索

スポンサーリンク

埼玉県のハローワーク

明快!ハローワーク TOP

ハローワーク求人情報検索

※職業相談や求人案件の検索は、お住まいの地域以外のハローワークでもできます。よく行く地域のハローワークもチェックしましょう。

読者の転職体験

30代未経験の壁を熱意で乗り越えて、CGの仕事に転職!

(千葉県船橋市 S.Sさん)

私はテレビ局でVTRの編集や海外からのスポーツ中継のオープニング・テロップ作成など、技術系の仕事をしていました。転職をしようと思ったきっかけは、インターネットが一般家庭に普及され始めた時代、編集技術の勉強会に参加したとき、普段使っているような大きな編集機材でなく、パソコンひとつでVTRの編集やCGの作成をする技術があるということを知ったことです。

私はパソコンが好きで、当時60万円近くしたマッキントッシュを持っていました。女性でパソコン好きということもあり、周りからは「ちょっと変わってるね」と言われていましたが、パソコンで絵を描いたり文書をつくったりしては「あれもこれもやってみたい」と、夢が膨らんでいました。そのため「これからパソコンで映像や画像をつくれる時代が来る」と確信し、すぐに転職活動を始めました。
といっても、30代の未経験者です。同僚に相談するわけにもいかず、求人情報誌を買いあさっては、ゲーム会社、雑誌社などを中心に片っ端から履歴書を出しました。
20件以上応募しても面接までこぎつけるところはありませんでしたが、半年ほど経ってある日ふらっと立ち寄ったコンビニで、今まで買ったことのない、おもに男性のエンジニアが読む専門性の高い求人雑誌に手をのばしてみました。
するとある企業が目に付きました。ITブームの先駆けとなった、たまに社長がテレビのインタビューに出演している会社でした。募集欄を見ると、エンジニアや営業、マーケティングなどの一番下に「CG職募集。映像関係者の方歓迎します。年齢性別不問」と書いてあるのを見つけて、「面接をしてもらえるかもしれない」と思い、急いで履歴書を送りました。

1週間後、人事担当の方から面接の連絡がありました。面接官の方はのちの上司で、「Sさんは年齢がちょっと高かったけど、技術もありそうだし、何よりパソコンが好きという気持ちがよく伝わってきたから採用したんだよ」と言われました。
自分が情熱をもって「この仕事をしたい」と考えれば、耳を傾けてくださる方はきっといます。何歳になってもネバー・ギブアップの精神は大事だと思います。