ハローワーク新潟

ハローワーク新潟

ハローワーク新潟は、新潟労働局に属する就職支援の機関です。県庁所在地である新潟市にあり、新潟市のうち北区・東区・中央区・江南区・西区を管轄して、職業相談、職業紹介、求人情報検索、職業訓練、就職セミナー、雇用保険業務、失業給付、助成金の支給などを行っています。
新潟市は人口81万人を超える大都市で、本州の日本海側では唯一の政令指定都市となっています。そのため商業やサービス業が発達し、営業、総務、人事、経理などの一般企業の職務、ショップの販売担当、飲食店や娯楽施設の接客業、医療や介護に関わる仕事、マスメディアや広告業、教育産業、観光産業、弁護士や司法書士など仕業の事務所など、広範囲な分野の職業での求人案件が、ハローワーク新潟に寄せられます。

【管轄区域】新潟市のうち北区・東区・中央区・江南区・西区
※秋葉区・南区、五泉市、東蒲原郡は、ハローワーク新津へ。 ※西蒲区、燕市、西蒲原郡は、ハローワーク巻へ。

【住所】〒950-8532 新潟市中央区美咲町1-2-1 新潟美咲合同庁舎2号館 1・2階
電話:025-280-8609(代)/FAX:025-288-3590

平日 8:30ー17:15
営業時間・開館時間 8:30ー17:15
※土日祝、年末年始(12月29日~1月3日)は休み

【アクセス】
●JR新潟駅万代口バスターミナル「水島町経由美咲合同庁舎行き」に乗り、「美咲合同庁舎」バス停下車。
●「水島町経由西部(営)行き」に乗り、「出来島変電所前」バス停下車。

【関連施設・関連窓口】
ハローワーク新潟マザーズコーナー
ハローワークプラザ新潟
新潟新卒応援ハローワーク
若者しごと館(ジョブカフェ新潟)

ハローワークのおもな業務

求人情報の提供 パソコンで求人情報の検索ができます。
職業相談・紹介 応募希望先への連絡、紹介状の発行などを行っています。
職業訓練 公共職業訓練のご相談と受付にあたっています。
雇用保険 失業の認定や雇用保険受給に関するご相談、事業者の雇用保険の加入・廃止、離職票の交付などにあたっています。
助成金の受付 事業者からの各種助成金の申請を受け付けます。
その他のご相談 障害者、高齢者などの就職のご相談など、さまざまな業務を行っています。

スポンサーリンク

ハローワーク新潟の地図

スポンサーリンク

ハローワークの「なぜ?」に答えます。

新潟県のハローワーク

明快!ハローワーク TOP

ハローワーク求人情報検索

スポンサーリンク

新潟県のハローワーク

明快!ハローワーク TOP

ハローワーク求人情報検索

※職業相談や求人案件の検索は、お住まいの地域以外のハローワークでもできます。よく行く地域のハローワークもチェックしましょう。

読者の転職体験

会社を辞めて1ヶ月間集中して転職活動し、仕事探しに成功!

(神奈川県横浜市 S.Aさん)

私は高校を卒業してからすぐに就職し、3年間働いたあと、会社を退職しました。退職理由はいろいろとありましたが、一番の大きな要因はサービス残業が多くて給料が少ないことでした。勤務先は飲食店でしたが、お客様からの料理に対するクレームも多く、仕事に行くのがとても憂鬱な毎日でした。そのため「5年後もこの会社で働いて、何か得るものがあるのか」と思うと、自然と転職を考えるようになりました。正社員でしたが、「もっとやりがいのある誇れる仕事がしたい。目の前の安定よりも、これからの可能性を選ぼう」と考えたのです。
退職のことを上司に伝えましたが、店舗の社員の人数も少なかったので、なかなか承認されませんでした。また、「自分が辞めてしまうと他の人にも迷惑がかかってしまう」と思い、あまり強く「辞めます」と言い切れませんでした。しかし、この状況がいつ変わるのかも定かではありませんでしたし、社員が増えるわけではなかったので、思い切って辞表を書き、1ヶ月後に辞めさせてもらえるように上司に必死にお願いをしました。そして、今まで勤めていた飲食店を辞めました。

まだ、就職先は決まっていませんでしたが、「短期集中して、できれば1ヶ月くらいで自分に合った就職先を見つけよう」と決意しました。最初はハローワークに行って手続きを済ませ、何社かに履歴書や職務経歴書を送りました。しかし、それらの会社はハローワークからの紹介状を出して1次審査の合否がわかるまで2週間もかかるというので、同時に併行してインターネットで転職サイトにも登録し、自分で連絡したりして、転職活動を行いました。こちらの方が申し込んでから面接までの期間も短く、サクサクと面接の予定が立てられました。

すでに仕事を辞めていたので、面接の日程も立てやすく、どんどん面接に行きました。そして目標の1ヶ月で、新しい就職先を無事に見つけることが出来ました。 人それぞれにやり方はあると思いますが、インターネットを活用することも有効な方法だと思います。転職は人生の大きな分岐点です。妥協することなく、働きたい会社に勤められるように努力することが大切だと思います。