ハローワーク川口

ハローワーク川口

ハローワーク川口は、埼玉労働局に属する就職支援の機関です。埼玉県南東部を流れる荒川北岸に位置する川口市にあり、川口市、蕨市、戸田市を管轄して、職業相談、職業紹介、求人情報検索、職業訓練、就職セミナー、雇用保険業務、失業給付、助成金の支給などを行っています。
川口市は人口約56万人の、埼玉県ではさいたま市に次ぐ大きな市です。江戸時代に農閑期の副業として鋳物工業が始まり、荒川の舟運を利用して江戸に運ばれていました。その技術は徳川幕府やさまざまな藩の大砲や砲弾の鋳造まで行うような水準に達していました。そのような工業的伝統があるため近代に入っても工業が発達し、現代でも郊外の工業団地に多くの工場が集まっています。それらの工場からはエンジニアや作業員などの求人案件がハローワーク川口に寄せられます。また、川口駅、蕨駅、東川口駅などの駅前や幹線道路沿いにはショップや飲食店も集まり、企業や事務所も多く、随時、従業員の募集があります。

【管轄区域】川口市、蕨市、戸田市

【住所】〒332-0031 埼玉県川口市青木3-2-7
電話:048-251-2901(代)/FAX:048-251-3664

【営業時間】 平日 8:30ー19:00
営業時間・開館時間 8:30ー19:00
※土日祝、年末年始(12月29日~1月3日)は休み

【アクセス】
●JR「川口」駅東口から約1.6km。
●JR「川口」駅東口8・9番のバス停から乗車し、「川口税務署入口」で下車。

【関連施設・関連窓口】
ハローワークプラザ川口
ハローワーク川口マザーズコーナー
戸田市ふるさとハローワーク

ハローワークのおもな業務

求人情報の提供 パソコンで求人情報の検索ができます。
職業相談・紹介 応募希望先への連絡、紹介状の発行などを行っています。
職業訓練 公共職業訓練のご相談と受付にあたっています。
雇用保険 失業の認定や雇用保険受給に関するご相談、事業者の雇用保険の加入・廃止、離職票の交付などにあたっています。
助成金の受付 事業者からの各種助成金の申請を受け付けます。
その他のご相談 障害者、高齢者などの就職のご相談など、さまざまな業務を行っています。

スポンサーリンク

ハローワーク川口の地図

スポンサーリンク

ハローワークの「なぜ?」に答えます。

埼玉県のハローワーク

明快!ハローワーク TOP

ハローワーク求人情報検索

スポンサーリンク

埼玉県のハローワーク

明快!ハローワーク TOP

ハローワーク求人情報検索

※職業相談や求人案件の検索は、お住まいの地域以外のハローワークでもできます。よく行く地域のハローワークもチェックしましょう。

読者の転職体験

人材紹介会社に交渉してもらい、面接を有利に進めて採用へ!

(神奈川県川崎市 K.Nさん)

私は大学を卒業後、メーカーの開発部門にエンジニアを派遣する会社に入りました。しかし、そこは全く人を大切にしない会社で、クライアントから解約されたエンジニアを簡単にクビにしていました。それに疑問を持ち、仲間といっしょにエンジニア専門の派遣会社を立ち上げ、営業担当として働きました。
立ち上げ2年目、エンジニアが何人か派遣切りに遭いました。無名で売上も少ししかない自分たちの会社には、クライアントから解約されたエンジニアを雇用し続ける体力はなく、残念ながら彼らを解雇せざるを得ませんでした。最初の会社と同じことを、自分たちがしてしまったのです。
もう人材ビジネスはこりごりでした。私は全く未経験の業界にチャレンジすることにしました。いくつかの転職サイトと人材紹介会社に登録し、うち4社では実際にキャリアアドバイザーの方とも面談して頂きました。
その中で1人のキャリアアドバイザーの方が、私の強みを次のように分析してくれました。

①売上ゼロからでも土日返上で商売を立ち上げる根性
②家電業界・自動車業界についての知識
③派遣スタッフのマネジメント経験

さらに、それぞれの強みを活かせる業界を挙げてくれました。

①根性:医療系業界(MR)、銀行ではない金融・不動産業界、IT業界
②業界知識:電気部品業界・自動車部品業界
③派遣スタッフのマネジメント:コールセンター業界、イベント制作業界、警備業界

このリストに従って40社以上に応募しました。半数以上は落ちましたが、内定もかなり頂きました。
第2志望だったIT企業から内定が出た翌日、第1志望の大手部品メーカーの1次面接がありました。第2志望の会社は「1週間以内に返事を」とのことでしたが、第1志望の会社は3次面接まである会社でした。そこで、人材紹介会社の人が交渉して、1次面接の日に2次面接まで行って頂くことができました。2次面接を通過したらまた交渉して、1週間後の最終面接を2日後の夜遅くに実施して頂くことができました。最終面接ではその場で内定を頂戴できたために入社を承諾し、無事、第1希望の大手電気部品メーカーに入社することができました。