ハローワーク金沢

ハローワーク金沢

ハローワーク金沢は石川労働局に属する就職支援のための労働機関です。金沢とその周辺の市や町を管轄して、職業相談、職業紹介、求人情報検索、職業訓練、就職セミナー、雇用保険業務、失業給付、助成金の支給などを行っています。石川県では、最も大きなハローワークとなっています。仕事と子育ての両立をサポートするマザーズハローワーク金沢や、正社員での就職を目指すキャリアアップハローワーク金沢、若い世代の方の就職活動を応援するヤングハローワーク金沢などのコーナーや施設が設けられています。最寄り駅は、JR「東金沢」です。
※平日にハローワーク金沢を利用できない方は、土曜日にキャリアアップハローワーク金沢で対応しています。

【管轄区域】金沢市、かほく市、津幡町、内灘町 ※ハローワーク津幡もご利用ください。

【住所】〒920-8609 金沢市鳴和1-18-42
電話:076-253-3030(代)/FAX:076-253-8109

【営業時間】平日 8:30ー17:15
営業時間・開館時間 8:30ー17:15
土曜日 10:00ー17:00
営業時間・開館時間 10:00ー17:00
※日祝、年末年始(12月29日~1月3日)は休み

【アクセス】
●JR「東金沢」駅から約700m。
●JR「東金沢」駅からバスに乗り、「小坂西」バス停で」下車、約150m。
●JR「金沢」駅東口1番乗り場から柳橋行きのバスに乗り、「小坂」バス停で下車、約250m。
●「武蔵ヶ辻」バスターミナル3番乗り場から柳橋行き・大浦保育園前行き・木越住宅行きに乗り、「小坂」バス停で下車、約250m。

【関連施設・関連窓口】
マザーズハローワーク金沢
ヤングハローワーク金沢
キャリアアップハローワーク金沢
ジョブカフェ石川:金沢センター

ハローワークのおもな業務

求人情報の提供 パソコンで求人情報の検索ができます。
職業相談・紹介 応募希望先への連絡、紹介状の発行などを行っています。
職業訓練 公共職業訓練のご相談と受付にあたっています。
雇用保険 失業の認定や雇用保険受給に関するご相談、事業者の雇用保険の加入・廃止、離職票の交付などにあたっています。
助成金の受付 事業者からの各種助成金の申請を受け付けます。
その他のご相談 障害者、高齢者などの就職のご相談など、さまざまな業務を行っています。

スポンサーリンク

ハローワーク金沢の地図

スポンサーリンク

ハローワークの「なぜ?」に答えます。

石川県のハローワーク

明快!ハローワーク TOP

ハローワーク求人情報検索

スポンサーリンク

石川県のハローワーク

明快!ハローワーク TOP

ハローワーク求人情報検索

※職業相談や求人案件の検索は、お住まいの地域以外のハローワークでもできます。よく行く地域のハローワークもチェックしましょう。

読者の転職体験

自分の「売り」をアピールして、異業種への転職に成功!

(岡山県岡山市 M.Kさん)

私は東京の短大を卒業後、地元の岡山に帰って就職しました。短大では英語を専攻していたので、英語力を生かしてホテルで働き始めました。ウェディングの部署に配属され、仕事は楽しくやりがいもあり、あっという間に3年が過ぎました。しかし、本当は就職の際、もうひとつ夢がありました。それは「デザインの仕事をしてみたい」ということ。私は英語が好きで成績がよかったため英文科に進学したのですが、「美大に行きたい」という気持ちも強かったのです。
その頃、先輩が夢を追ってホテルを辞め、看護士の道を選びました。そのことがあってから、私も「やり直すなら今だ」という気持ちが強くなり、仕事が終わってから、デザインスクールに通いました。

4年経ったとき、ホテルを退職しました。次の仕事には何のあてもありませんでしたが、希望があったせいか、不思議なほど不安はありませんでした。しかし、現実は甘くありません。広告を作るデザイン業界では、即戦力が求められるため、受けても受けても不採用が続きました。
そこで、自分のアピールポイントを変えることにしました。ただ「デザインの仕事がしたい」という熱意ではなく、ホテルで学んだ接客や営業力をアピールしたのです。デザイナーはただデザインをするのではなく、お客様の意向を汲み取ることも大切です。「お客様の相手には自信があります。まずは営業からでも結構です。ただし、最終的にはデザイナーになりたいです!」と。すると、それから1週間もしないうちに、あるデザイン会社で採用が決まりました。
私のやる気を買ってくれた社長が、他のスタッフの反対を押し切って採用してくれたのです。

それから1年間は本当に大変でした。経験がない分、死にものぐるいで勉強しました。しかし、半年経つ頃には自分の居場所が出来て、ほかの内向的なデザイナーさんより重宝されるようになりました。
私のように異業種への転職は大変です。しかし、きっとどこかに突破口はあるはずだと思います。